2008年03月21日

<首の痛み・痺れ> 斉藤 晴夫様(57歳・男性・農業) 平塚市在住

<肋骨の歪みからくる首の痛み>

 この方は右肩と首の痛みを訴えて来院されました。
 2年前位から右肩に痛みが現れ、
 去年秋ごろから痛みが強くなり、 
 来院される2日前から更に痛みが激しくなったそうです。
 
 そして首を前後左右に少しでも動かすと、
 右側に痛みが現れ、右腕が上がりませんでした。


 この方の場合、
 主に右肩甲骨の肋骨上でのすべりと
 右肋骨自体の下方への動きが十分ではありませんでした。


 治療としては、
 動きの悪い部分の負担が減るように、
 
 上の首の骨
 背骨
 骨盤を調整していきました。


 初めの施術後に、首と肩の動きが良くなりました。
 
 最初の週に2回、
 
 その後計5回来院されたところ、
 経過は良好です。
 
 
 手を使うことが多い場合と、
 過度の右上半身をひねる運動でよく起こる症状です。
 かなりひどい症状でも、
 1回の来院でかなりの方が良くなります。
posted by しんゆり肩こり腰痛センター at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 首の痛み・痺れ・症例