2008年03月21日

<ヘルニア> 山口 ひろみ様(46歳・女性・主婦) 麻生区在住

<手術を考慮した頚椎ヘルニア>

 この方は首・背中に痛み、
 夜間にも痛みがひどく、眠れないとのことでした。
 それに加えて腕の痺れもあるとのことでした。


 MRIを受け、頚椎ヘルニアと診断され、
 手術という話もあったそうです。
 

 治療としては
 肋骨、
 骨盤を中心に施術していきました。

 肋骨と骨盤が歪んでいたため、首の骨の動きのバランスを崩し、
 首の骨の一部に負担がかかりヘルニアを生じさせてしまったと考えられました。


 1回目の施術後、座っているときの痺れがなくなり、
 
 それ以降はだんだん痛みも痺れも薄らいでいきました。
 
 
 そして9回目の施術の時には、
 痺れは消失していました。
 首の痛みもかなり軽減したようです。
 
 
 このように、ヘルニアがあったとしても、
 当院の施術を受ければ、
 手術をしないで症状を軽くすることができます。
posted by しんゆり肩こり腰痛センター at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルニア・症例